1. HOME
  2. 効果と適応症

効果と適応症

鍼灸治療

どんな効果がありますか?

痛みしびれにはもちろん、便秘・下痢・不眠・鬱・むくみ・息苦しさ・痰がからむ・食欲不振・冷え・頭痛など様々な不快な症状を緩和させます。

また鍼灸というと一般にはぎっくり腰肩こりといった痛みの症状への治療と思われがちですが実は、内臓や神経・免疫力などからだの機能全体を意図的に整え、身体全体の治癒力(自分でよくなろう、治ろうとするちから)に働きかけてさらには感情や心の状態を穏やかにし、ストレスから解放してくれるというような働きを持っています。

単に筋肉を刺激しているのではなく身体のエネルギーの通り道=経絡に鍼灸を施すことでその流れを活性させたり抑えたりしながら全体をバランスのいい状態に整え、結果、気・血の状態を健全にして痛みや病から回復してゆくのです。

WHO(世界保健機構)が認める鍼灸適応疾患

神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

リウマチ・頸肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腰痛・腱鞘炎・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)・関節炎

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

代謝内分泌系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖、泌尿器系疾患

神経因性膀胱・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

産婦人科系疾患

不妊症・月経不順・生理痛・冷え症・更年期障害・妊娠悪阻(つわり)・胎位異常(さかご)・乳腺炎・乳汁分泌不全

耳鼻科系疾患

耳鳴・難聴・メニエール病・鼻炎・中耳炎・鼻出血(はなぢ)・副鼻腔炎(蓄膿症)

眼科系疾患

仮性近視・結膜炎・眼精疲労(疲れ目)・かすみ目・麦粒腫(ものもらい)

小児科系疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

皮膚科系疾患

皮膚炎・蕁麻疹・ヘルペス・肝斑(しみ)・円形脱毛症

リバランス スポーツ 鍼灸

〒573-1121 大阪府枚方市樟葉花園町5-5

  • お電話
    ※移動中や施術中は申し訳ありませんが電話に出られない場合があります。
  • お試し無料体験あります。
  • Eメール rebaspo@live.jp
  • FAX 072-851-7305
メールでのお問い合わせはこちら