1. HOME
  2. このような方が対象です

このような方が対象です

下記のような方を対象とした訪問サービスです。

下記のような方を対象とした訪問サービスです。

主な症状としては、身体に麻痺や筋力低下・筋萎縮・関節の拘縮・疼痛(腰痛・膝痛等)・浮腫等の運動機能障害があり、歩行困難や、介助なしでの独歩が不安であったり、階段を上り下りして病院や治療院など、医療機関に通院するのが困難な方が対象となっています。

まずはご連絡ください。担当者が詳細をご説明いたします。
具体的には・・・

脳梗塞や脳出血の後遺症に悩まされている(手足に麻痺、関節拘縮、筋の過緊張)

病院でリハビリをしていたが、これからというタイミングで180日の期間を越えてしまったから。と、断られてしまった。

介護保険の訪問リハビリを使いたいが、点数が足りなくて出来ない。もっとリハビリをしたい。動かしたい。

筋肉が弱って、いろんな動作ができなくなってきた(廃用性萎縮)

ちょっとした不調で一ヶ月入院し、脚の筋量ならびに筋力が著しく低下してしまい、退院したら歩けなくなってしまった。立てなくなってしまった。寝たきりになりたくない。歩きたい。

大腿骨を折ってしまって入院した。病院にいる間、リハビリである程度回復したけれど、退院したら指導を受けながら練習なんて出来ない、ひとりで歩行訓練等を行わなければならない不安がある・・・また歩かなくなってそのまま寝たきりになりたくない。

関節がかたくなり、着替えがしにくくなってきた(何らかの原因疾患と関節拘縮、廃用性萎縮)

寝たきりが長く、意識が遠くなってしまったたおばあちゃんが、最近はゲンコツをぎゅーっと握り、肘も膝も曲げっぱなしで固くなってしまった。これでは、着替えの介助がしにくい。せめて、着替えが容易な状態まで戻せないだろうか・・・
〔関節拘縮〕

一人暮らしをしているお母さんが、最近手足が痺れて出るのがおっくうになった。と、布団から出たがらなくなってきた。足先のしびれや太もも裏の痛みが酷く、外出が出来ない。このままだと寝たきりになりかねない。寝たきりになりたくない、以前のようにショッピングを楽しみたい。[廃用性萎縮]

パーキンソン病で筋肉が固くなってしまって痛い。日常の動きがしにくくなってきた(筋固縮)

はりきゅうの保険取り扱い

基本的には・・・・

神経痛

【例】坐骨神経痛(おしりから太腿のあたりが痛い、またはしびれる)顔面神経痛(顔のどこかが痛い、またはしびれる)

リウマチ

【例】からだのいろいろな関節が痛い。ドアノブや水道の蛇口をひねる時、指などが痛い。

頚腕症候群

【例】腕や指先がしびれて文字が書きづらい。肩こりから頭痛やはきけが起こる。

五十肩

【例】髪を結う、帯を締めるなどの動作が痛い。高いところのものを取るのが痛い。

腰痛症

【例】家事でぎっくり腰をしてから腰がおかしい。

頸椎捻挫後遺症(むちうち)

【例】交通事故で首を痛めて以来首、肩、腰などがおかしい。(むちうち)

等の慢性疼痛を主症状とする6疾患です。

等の6疾患ですので上記の疾患以外でも医師により鍼灸治療の必要性が認められた場合は保険取り扱いの対象となります。

※ご自分の症状が上記疾患に当てはまるかどうかわからない場合も安心してご相談ください。
しかしながら鍼灸治療では同じ病名で医師の治療を受けている場合は健康保険の適用が認められません。詳しくは当院にご相談ください

リバランス スポーツ 鍼灸

〒573-1121 大阪府枚方市樟葉花園町5-5

  • お電話
    ※移動中や施術中は申し訳ありませんが電話に出られない場合があります。
  • お試し無料体験あります。
  • Eメール rebaspo@live.jp
  • FAX 072-851-7305
メールでのお問い合わせはこちら